カテゴリー: 知識を持って相続に臨む

亡くなられた方が不動産を所有していた場合の手続

不動産の名義変更は司法書士という国家資格者が行う業務です

不動産をお持ちの方が亡くなった場合、手続をしなければ勝手には名義は変わりません。
手続はもちろん自分ですることも可能ですが、時間が取れないですとか、必要書類を自分で集めるのが難しいという場合は、司法書士という国家資格者に頼むほうが安心かつスムーズにできると思います。

“亡くなられた方が不動産を所有していた場合の手続”の詳細は »

遺産をどう分けるか未定のとき

書類の書き方って、日本は独特ですね。相続のときもいろいろ注意があります。

相続財産はひとつです。

しかし、その効力が確定するまでの間は、
相続財産は法定相続人の共有状態にあるとみなされます。


“遺産をどう分けるか未定のとき”の詳細は »

特別に受益を得た者の相続分の修正

被相続人の遺産の中から、その貢献度に応じた相当額の財産の分割を認めましょうという制度をいいます。

「共同相続人中に被相続人から特別受益を受けた者については、相続における実質的公平を図るため、相当額の財産について持戻しを行う(903条)。 」とされています。特別受益には次のようなものがあります。

★遺贈★婚姻のための贈与
★養子縁組のための贈与
★生計の資本として贈与
★寄与分寄与分とは・・・・・寄与分とは、被相続人(亡くなった人)の財産の維持や増加に特別な貢献をした相続人に対して、本来、承継するべき相続分とは別に、被相続人の遺産の中から、その貢献度に応じた相当額の財産の分割を認めましょうという制度をいいます。
“特別に受益を得た者の相続分の修正”の詳細は »

ゴルフ会員権と相続はこうなっています

相続時豆知識として、ゴルフ場の預託金とは、ゴルフ場の会員になる際に会員がゴルフ場に預ける金銭の事ををさします。

ゴルフ会員権の評価方法

●ゴルフ会員権の評価額=課税時期の取引価格×70%
+ 取引価格に含まれない預託金など

ゴルフ会員権は、取引相場のある計算式をさします。

預託金・・・・・・ゴルフ会員権や
リゾートクラブ会員権を購入する際、入会金と一緒に
支払うお金のことをさします。
そもそもゴルフ場の預託金とは、ゴルフ場の会員になる際に
会員がゴルフ場に預ける金銭の事ををさします。
“ゴルフ会員権と相続はこうなっています”の詳細は »

理由があるとできる相続人の廃除について

相続人となるべき子供が被相続人に対して虐待をしたり過大な侮辱を与えたり、著しい非行があった場合、被相続人としては自分の財産を譲りたくないと考えるのが通常でしょう

■相続人になれない?
もしも、上記相続人の一人が相続財産を独り占めしたいと思って、自分より優先順位が先にある人を殺害したら?
“理由があるとできる相続人の廃除について”の詳細は »