特別に受益を得た者の相続分の修正

「共同相続人中に被相続人から特別受益を受けた者については、相続における実質的公平を図るため、相当額の財産について持戻しを行う(903条)。 」とされています。特別受益には次のようなものがあります。

★遺贈★婚姻のための贈与
★養子縁組のための贈与
★生計の資本として贈与
★寄与分寄与分とは・・・・・寄与分とは、被相続人(亡くなった人)の財産の維持や増加に特別な貢献をした相続人に対して、本来、承継するべき相続分とは別に、被相続人の遺産の中から、その貢献度に応じた相当額の財産の分割を認めましょうという制度をいいます。

ただし、この相続時における寄与分を認めてもらうためには、一定のの条件を満たしていなければなりません。
★共同相続人であること※ 多大な貢献があっても、相続人でない者には請求は一切認められません。
★被相続人の財産維持・増加があること
★特別の寄与であること・・・・・・寄与分について相続人の協議が調わないとき又は協議ができないときには、家庭裁判所の調停又は審判の手続を利用することができます。調停手続を利用する場合・・・・・寄与分を定める処分調停事件として申し立てます。寄与分の審判は、遺産分割の前提問題ですから、遺産分割審判の申立てがなされていなければなりません。相続額の計算方法寄与者の相続額=(相続開始時の財産価格-寄与分の価格)×相続分+寄与分の価格・・・・・みなし相続財産といいます。

「共同相続人中に被相続人から特別受益を受けた者については、
相続における実質的公平を図るため、相当額の財産について
持戻しを行う(903条)。 」とされています。
特別受益には次のようなものがあります。
★遺贈
★婚姻のための贈与
★養子縁組のための贈与
★生計の資本として贈与
★寄与分

 

横浜にある遺産分割協議書の総合的なサポーター
困ったら24時間受付の、相続のプロです。遺産分割の協議書をしっかりつくるための、
経験を豊富に持っているので信用できる。
www.souzoku-shien.net/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む