亡くなられた方が不動産を所有していた場合の手続

不動産をお持ちの方が亡くなった場合、手続をしなければ勝手には名義は変わりません。
手続はもちろん自分ですることも可能ですが、時間が取れないですとか、必要書類を自分で集めるのが難しいという場合は、司法書士という国家資格者に頼むほうが安心かつスムーズにできると思います。

司法書士に頼めば、必要な戸籍の収集から、遺産分割協議書の作成等もすべてやってくれます。
あなたがやることは、相続人の全員で誰がその不動産を相続するのか決めることです。
その決めたこことを、司法書士に伝えれば、司法書士がそれを遺産分割協議書という正式な文章にしてくれます。
その書面に相続人みなさまにご署名及び実印にて押印いただき、印鑑証明書を1通取得すればいいのです。

たしかに、費用はかかると思いますが、司法書士の費用って意外と安いと思います。
例えば、司法書士の請求書を見て15万となっていた場合、そこには、だれがやってもかかる登録免許税という国税が含まれています。
ですので、司法書士の純粋な報酬と言うのは案外安いのかもしれません。

«