土地建物の名義変更について

亡くなられた方の相続財産に未登記建物がある場合は、注意が必要です。

土地や建物の名義変更についてご説明させていただきます。

土地・登記されている建物の場合
•法務局(登記所)へ相続登記をすれば市役所へは通知は不要です。
•相続登記が完了すると、法務局への登記内容が市役所へ通知され、手続きが完了した
翌年より課税台帳上の所有者が変更されます。
•なお、登記の手続が完了した日の確認は、登記簿の受付年月日をご確認ください。
“土地建物の名義変更について”の詳細は »

暦年での課税と相続時に精算する課税の制度

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。この控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。確定申告が必要な上、一度この制度を選択すると相続時まで継続して適用されるので注意が必要です。
これに対して、暦年贈与課税とは・・・・・・・
暦年贈与とは、贈与税には、年間110万円までの非課税枠が設定されている
というものです。

“暦年での課税と相続時に精算する課税の制度”の詳細は »

特別に受益を得た者の相続分の修正

被相続人の遺産の中から、その貢献度に応じた相当額の財産の分割を認めましょうという制度をいいます。

「共同相続人中に被相続人から特別受益を受けた者については、相続における実質的公平を図るため、相当額の財産について持戻しを行う(903条)。 」とされています。特別受益には次のようなものがあります。

★遺贈★婚姻のための贈与
★養子縁組のための贈与
★生計の資本として贈与
★寄与分寄与分とは・・・・・寄与分とは、被相続人(亡くなった人)の財産の維持や増加に特別な貢献をした相続人に対して、本来、承継するべき相続分とは別に、被相続人の遺産の中から、その貢献度に応じた相当額の財産の分割を認めましょうという制度をいいます。
“特別に受益を得た者の相続分の修正”の詳細は »

養子の相続に関する実情をわかっておけ

養子は法的に実子と相続で同じ扱いを受けるのですが、実親との関係がなくなるわけではないので、養子は実親の子でもあり、養親の子でもあるということになります。

養子は法的に実子と同じ扱いを受けるのですが、実親との関係がなくなるわけではないので、養子は実親の子でもあり、

養親の子でもあるということになります。
“養子の相続に関する実情をわかっておけ”の詳細は »

相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度

納税猶予を受けようとする相続人は、所轄の税務署長に期限内申告書と所定の添付書類を提出するとともに、担保を提供しなければなりません。

1)被相続人の要件死亡の日まで農業を営んでいた人贈与税納税猶予の適用を受けた農地等を生前一括贈与した人

2)相続人の要件相続税の申告期限までに、相続か遺贈により取得した農地等で農業経営を開始し、その後も農業を継続すると認められる人贈与税納税猶予の適用を受けた人で農業者年金の経営移譲年金を受け取るために、その推定相続人の一人に農地等を使用貸借による権利設定をして農業経営を移譲した人
“相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度”の詳細は »

遺言と相続と特別方式とは?

特別方式による遺言は、遺言者が普通方式 (自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言)によって 遺言をすることができるようになったときから6ヶ月間生存するときはその効力を失います

状況が普通の遺言ができない場合は特別方式をとることができます。
一般危急時遺言

疾病その他の事由により、死亡の危急に迫った人の遺言をさします。(方法)?証人1人以上の立会いが必要で、そのうちの1人に遺言の趣旨を口授する。
口授を受けたものがこれを筆記して、遺言者および他の証人に読み聞かせ、
または、閲覧させる。?各証人がその筆記の正確なことを承認した後に署名捺印。
“遺言と相続と特別方式とは?”の詳細は »

ゴルフ会員権と相続はこうなっています

相続時豆知識として、ゴルフ場の預託金とは、ゴルフ場の会員になる際に会員がゴルフ場に預ける金銭の事ををさします。

ゴルフ会員権の評価方法

●ゴルフ会員権の評価額=課税時期の取引価格×70%
+ 取引価格に含まれない預託金など

ゴルフ会員権は、取引相場のある計算式をさします。

預託金・・・・・・ゴルフ会員権や
リゾートクラブ会員権を購入する際、入会金と一緒に
支払うお金のことをさします。
そもそもゴルフ場の預託金とは、ゴルフ場の会員になる際に
会員がゴルフ場に預ける金銭の事ををさします。
“ゴルフ会員権と相続はこうなっています”の詳細は »

相続と課税についてわかって対策する

相続人に未成年者がいるときには、 その未成年者は遺産分割協議には直接参加ができません。

源泉徴収税額無いような場合は、課税になりますので、
期限に遅れると、加算税と延滞税が付加されます。
税率は以下の通りです。

期限後申告の追徴課税
加算税、課税される所得税に対して年率5%。税務署の
指摘をうけてからだと15%になります。
延滞税、所得税に対して、2ヶ月まで7.3%年利、
それ以後14.6%年利です。
“相続と課税についてわかって対策する”の詳細は »

民法と相続を知るのがはじめの一歩です

相続財産は法定相続人の共有状態にあるとみなされます

相続順位は、配偶者、子、直系尊属、兄弟姉妹、子または兄弟姉妹の
代襲者ですがこれがまったくおらず、遺言もないときは、
国庫に帰属します(民959)。

「遺言書」が無ければ、「言い残した事」は原則として
「遺言」ではありません。
(976条~第984条に該当しないので、
明らかに「遺言不存在」です。)
“民法と相続を知るのがはじめの一歩です”の詳細は »

理由があるとできる相続人の廃除について

相続人となるべき子供が被相続人に対して虐待をしたり過大な侮辱を与えたり、著しい非行があった場合、被相続人としては自分の財産を譲りたくないと考えるのが通常でしょう

■相続人になれない?
もしも、上記相続人の一人が相続財産を独り占めしたいと思って、自分より優先順位が先にある人を殺害したら?
“理由があるとできる相続人の廃除について”の詳細は »

« 過去の記事
最新の記事 »