カテゴリー: 法律を知って身を守ろう

この人に遺産を譲りたくない時の手続

家族といえども、いろいろある。相続させたくないこともあるだろう。廃除という手続も一応あるのだ。

■相続排除
上記は、無条件で相続の資格が「相続欠格」により剥奪されますが、
この資格剥奪にはもう一つ、任意の「相続廃除」があります。
“この人に遺産を譲りたくない時の手続”の詳細は »

寄与分を相続人どうしで話し合う

調停や訴訟で寄与分をどう判断していくのかは家族の状況しだいだろう

寄与分とは
寄与分とは、被相続人(亡くなった人)の財産の維持や増加に
特別な貢献をした相続人に対して、本来、承継するべき相続分とは別に、
被相続人の遺産の中から、その貢献度に応じた
相当額の財産の分割を認めましょうという制度をいいます。

ただし、この相続時における寄与分を認めてもらうためには、一定の
の条件を満たしていなければなりません。
“寄与分を相続人どうしで話し合う”の詳細は »

遺言と相続と特別方式とは?

特別方式による遺言は、遺言者が普通方式 (自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言)によって 遺言をすることができるようになったときから6ヶ月間生存するときはその効力を失います

状況が普通の遺言ができない場合は特別方式をとることができます。
一般危急時遺言

疾病その他の事由により、死亡の危急に迫った人の遺言をさします。(方法)?証人1人以上の立会いが必要で、そのうちの1人に遺言の趣旨を口授する。
口授を受けたものがこれを筆記して、遺言者および他の証人に読み聞かせ、
または、閲覧させる。?各証人がその筆記の正確なことを承認した後に署名捺印。
“遺言と相続と特別方式とは?”の詳細は »