タグ: 贈与

暦年での課税と相続時に精算する課税の制度

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。この控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。確定申告が必要な上、一度この制度を選択すると相続時まで継続して適用されるので注意が必要です。
これに対して、暦年贈与課税とは・・・・・・・
暦年贈与とは、贈与税には、年間110万円までの非課税枠が設定されている
というものです。

“暦年での課税と相続時に精算する課税の制度”の詳細は »