カテゴリー: 得するための税の仕組み

評価をどうするかで税金がかわる

不動産に役所は価格をつけている。これは市場価格とは関係ない。ただ、税金をかける上でのベースだ。

固定資産税の対象は以下の通りです。

課税対象は土地・家屋・有形償却資産である。
このうち土地と家屋については登記簿等で
実態を課税団体である市区町村が把握可能であるのに対し、
償却資産については登記等により把握できないため
申告により償却資産を把握し課税をする方式を取っている。
“評価をどうするかで税金がかわる”の詳細は »

税金も鬼じゃないので農地の軽減がある

次の世代にお金きちんと相続できるよう、それなりに相続税の優遇制度はある。

対策方法としては、
1:生命保険、物納・延納で事前対策を行う
2:農業相続人が農業を継続する場合については、相続税の納税猶予制度を用いる
ただし、途中で農業を廃業する場合は、利子税とともに納税猶予された税金が課されます。
“税金も鬼じゃないので農地の軽減がある”の詳細は »

暦年での課税と相続時に精算する課税の制度

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。この控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。確定申告が必要な上、一度この制度を選択すると相続時まで継続して適用されるので注意が必要です。
これに対して、暦年贈与課税とは・・・・・・・
暦年贈与とは、贈与税には、年間110万円までの非課税枠が設定されている
というものです。

“暦年での課税と相続時に精算する課税の制度”の詳細は »

相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度

納税猶予を受けようとする相続人は、所轄の税務署長に期限内申告書と所定の添付書類を提出するとともに、担保を提供しなければなりません。

1)被相続人の要件死亡の日まで農業を営んでいた人贈与税納税猶予の適用を受けた農地等を生前一括贈与した人

2)相続人の要件相続税の申告期限までに、相続か遺贈により取得した農地等で農業経営を開始し、その後も農業を継続すると認められる人贈与税納税猶予の適用を受けた人で農業者年金の経営移譲年金を受け取るために、その推定相続人の一人に農地等を使用貸借による権利設定をして農業経営を移譲した人
“相続において農地に対する贈与税の納税猶予制度”の詳細は »

相続と課税についてわかって対策する

相続人に未成年者がいるときには、 その未成年者は遺産分割協議には直接参加ができません。

源泉徴収税額無いような場合は、課税になりますので、
期限に遅れると、加算税と延滞税が付加されます。
税率は以下の通りです。

期限後申告の追徴課税
加算税、課税される所得税に対して年率5%。税務署の
指摘をうけてからだと15%になります。
延滞税、所得税に対して、2ヶ月まで7.3%年利、
それ以後14.6%年利です。
“相続と課税についてわかって対策する”の詳細は »

相続と税はきってもきれない

相続税は、預貯金や株は取り引き価格に近い金額が評価額として計算されます

相続税は、亡くなった人の財産を相続した人に課税され、
課税される相続財産の評価は、これら預貯金、株、
不動産がどのようにされるかということがある程度
把握されていれば、戸惑うことも少なくなると思います。
“相続と税はきってもきれない”の詳細は »