暦年での課税と相続時に精算する課税の制度

相続時精算課税制度は、特別控除として贈与財産の価額の合計額から、複数年にわたり利用できる特別控除額2500万円が適用されます。この控除した後の金額に、一律20%の税率を乗じて算出します。確定申告が必要な上、一度この制度を選択すると相続時まで継続して適用されるので注意が必要です。
これに対して、暦年贈与課税とは・・・・・・・
暦年贈与とは、贈与税には、年間110万円までの非課税枠が設定されている
というものです。

1年間に贈与を受けた財産の合計額を基 に贈与税額を計算する・・・
計算方法. 1年間(1月1日?12月31日)に贈与を受け た財産の価額の合 計額(課税価格)から基礎控除額110万円を差し引いた残額
基礎控除後の課税価格    税率    控除額
200万円以下            10%
300万円以下            15%    10万円
400万円以下            20%    25万円
600万円以下            30%    65万円
1,000万円以下            40%    125万円
1,000万円超            50%    225万

毎年、この枠を利用すれば相続税を減らすことが出来ます。基礎控除以下なら確定申告の必要はありません。(ただし、内緒で口座を作って振り込むのは「名義貸し」となり贈与とは認められません。)
・贈与の方法
①現実贈与=実際に金銭や動産を贈与します。
②定期贈与=毎年または毎月定期的に一定の金銭や動産を贈与します。
③負担付贈与=受遺者に贈与と共に一定の負担を負わせます。
④死因贈与=死亡後に効力が生じるように贈与します。

便利な遺産分割の協議書の書き方を入手できる
何を遺産分割の協議書にどのように書いたらいいのか迷っても、
この雛形をダウンロードして使えばおおむね大丈夫です。
www.souzoku-shien.net/legacy

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む