税金も鬼じゃないので農地の軽減がある

対策方法としては、
1:生命保険、物納・延納で事前対策を行う
2:農業相続人が農業を継続する場合については、相続税の納税猶予制度を用いる
ただし、途中で農業を廃業する場合は、利子税とともに納税猶予された税金が課されます。

免除になる以前に、相続人が農業を廃業したり、農地を
譲渡・転用した場合は納税猶予が打ち切られます。
納税猶予が打ち切りになると、猶予されている税額とあわせて利子税等についても納付することとなります。
納税猶予の適用農地について、売買・貸借等の予定がある場合は、早めにお住まいの市町村役場に手続きを行ってください。
納税猶予を受けている対象農地面積の20パーセントを超える売買等が行われると全部が打ち切りとなり、20パーセント以内であれば一部の打ち切りとなる。なお、一部が打ち切られる場合でも、
譲渡等の面積が累積で20パーセントを超えることとなる場合については、
全部が打ち切りとなる。

農業相続人がいる場合には、農地を分割して他の相続人に分け与えることはほとんどありません。農業相続人がいない場合、相続人が複数いれば遺産分割、納税の問題がでてきます。
遺言や生命保険の活用が遺産争いを防ぐための重要なポイントとなります。
※その農地での耕作をやめたり、譲渡・転用・貸付等をした場合などは贈与税と利子税を払わなければなりません。

相続時清算課税制度・・・・・
65歳以上の親から20歳以上の直系卑属(子や孫)への生前贈与は2500万円までは非課税となり、相続の際に先行贈与分を相続時の相続財産と合計して相続税を課税する制度です。

注意点をマスターして遺産分割協議書をつくろう
自分で遺産分割協議書をつくってみるのもいいだろう。わからなければ、専門家の相談を利用することも考えてみたらどうだろうか。横浜には、相続のプロ集団もいるようだ。遺産分割の協議書を正しくつくるらしい。
www.souzoku-shien.net/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む