評価をどうするかで税金がかわる

固定資産税の対象は以下の通りです。

課税対象は土地・家屋・有形償却資産である。
このうち土地と家屋については登記簿等で
実態を課税団体である市区町村が把握可能であるのに対し、
償却資産については登記等により把握できないため
申告により償却資産を把握し課税をする方式を取っている。

自己所有ではない建物内に行なった造作については、
地方税法第343条第9項の規定を適用することを条例で
規定している団体に限り償却資産として申告をする必要がある。
(ちなみに東京23区内では、都税として課税される。)

固定資産の評価の基準並びに評価の実施の方法及び
手続を定めた「固定資産評価基準」を総務大臣が告示しなければ
ならず(地方税法第388条第1項)、市町村長は、この
「固定資産評価基準」によって固定資産の価格を
決定しなければならない(地方税法第403条第1項)。
なお通常、告示は3年毎に行われる。

土地の場合は、評価方法として固定資産税の場合、
主に路線価方式が採用されます。

路線価とは、街路に沿接する標準宅地の単位地積あたりの
適正な時価に基づいて付設された価格のことで、
路線価には固定資産税における路線価と、相続税における
路線価の2つがあり、固定資産税路線価については
各市町村が算定し、相続税路線価については、
各国税局がそれぞれ算定している様な仕組みになります。

いくつかのひな形を見て書類を作る
実印と印鑑証明書を必要とする文章なので、内容をきちんとしないといくら家族といってもおいそれと押印したくないかもしれない。だから遺産分割協議書は正確性をもとめられるのだろう。
www.souzoku-shien.net/legacy/

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む